商品開発支援プログラム

 
  商品の使用シーンを設定すれば過去の調査で得られた問題点やユーザ要求が複数提示される。プログラムを使用する人は、その中から該当するものを選択する。なければ新たに入力する。
 
   様々な視点から得られたユーザ要求を、ファイルごと入力すると、それらが体系的に構造化される。プログラムを使う人はそれを見て商品のコンセプトを考える。
 
   コンセプトを具体的な商品の形にするときに、コンセプトを構成するキーワードをクリックするとそれを具現化するための数値、文章、絵が出力される。
   商品の使用シーンを設定すれば過去の調査で得られた評価項目が複数提示される。プログラムを使用する人は、各項目に順次い評点をつける。結果はレーダーチャートとして表示される。